2月1日の出来事その②「今月の映画館看板・キョンは野菜の妖精に惑わされるか?」の巻

歩き回っても邪魔な荷物を預けるコインロッカーが見つからないので、
汗がある程度引けてからジャケットを着直し、傘をポケットに引っ掛け、
手荷物を下に置き・ずらしという怪しい行動をとってしまったが

代わりに撮影は順調に進んだので、早速ご紹介しようの一つ目
女性実業家のやけぼっくいに火が付いたらしい
「恋するベーカリー」の大型タペストリー。
画像

敏腕弁護士との離婚を経験するも全米NO.1ベーカリーを作り上げ、また
立派に3人の子供を育て上げた女性実業家が10年ぶりに別れた夫と再会。
これを機会に「女にとって人生とはなんなのか?」という問いに悩みながら、
幸せを見つけるハートフルラブストーリー
だそうです。

大人過ぎる話はまぁ置いといて
続いては先月も大型ポップをチェックした二つ目
「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」の大型タペストリー。
画像

30年は長いようで短いよと思いつつ流して三つ目
ネゴシエイターというよりほとんどダイハードな
「交渉人 THE MOVIE」のタペストリー。
画像

「人質の命も犯人の命も守る」をテーゼに行動する「宇佐木玲子」が、命の格差や
社会の理不尽を挑発的に語る不気味な男「御堂啓一郎」の釈放を要求する
ハイジャック犯に対し、交渉の糸口を掴むべく知能と体力、両方を駆使した
究極の苦闘を繰り広げる。

……なんか最近こういうの多いな

個人的にはいやだなぁ~こんな殺人とワンセットの道徳
という感じですが、この場ではそんなこと知るよしもなかったのでトイレの通路を
出て、チケット売場の上を見て四つ目
スランプに陥った世界的映画監督が己の幻想世界へ溺れていく
「NINE」の大型タペストリー。
画像

「グイド・コンティーニ」は世界的映画監督とはやし立てられてはいるものの、
現場では「イエス」と「ノー」どちらかを言う事以外、何も出来ないほど構想に
詰まってしまっていた。
それなのに威光に取り付かれた女性達に纏わり付かれ、妻からは愛想を
尽かされとますます追いつめられる……。

受賞タイトルに「作品賞ミュージカル/コメディー部門」とあるので、それほど
シリアスではなさそうなものの、資料が少なくて判断不能です。

気にしても仕方ないので目線をずらして隣の五つ目
馬鹿正直である事以外なんの取り柄もない女性が小包一つで巻き込まれた、
究極の騙しあいゲームの決勝戦
「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」の大型タペストリー
画像

パンフレット代わりに無料配布されていた第1話の内容だと、どう考えても
小包のクーリングオフが可能ですが
とにかく「人を信じることの意味」を問う、最後の闘いが行われる模様です。

敗北すれば億単位の借金を背負うことになる……というのとは全然違いますが
不況のあおりか劇場近くにあった店舗がいくつか消失。
そしてその場所を隠す壁に貼られた六つ目
「アリス・イン・ワンダーランド」のタペストリー。
画像

先月もポップをチェックしたんですけど、これは「ザ・たっち」を連想せずに
いられませんて幽体離脱ゥ~

画像

ちょっと回った所にもずらりとあリましたが、店舗が無くなった場所がこうなる
ということは、この辺の集客力が低下しているということ?

雰囲気厳し目ですが、続いて「カフェ35mm」に移動して七つ目
もはや九割方CGな長編ストップモーションアニメの最新作
「コララインとボタンの魔女3D」の変則ポップ。
画像

なんとこれ、ところどころに立体的な手法が施された数種類のボックスを、
その場の好みに応じて積み上げるという余り見ない形式になってます。

画像

立体的手法が施された部分は大体こんな感じですが、一方内容はというと……

引っ越しのせいで友達と別れるは、両親は仕事でナーバスになってるわ、
隣の子はイジワルだわで最悪の事態に陥っている11歳の少女「コラライン」。
引っ越し先の家の壁紙に隠された小さな扉から、なんでも願いがかなう魔法の
世界に飛び込み、すっかり上機嫌になるが、代償にとんでもないことを
要求されてしまう。


児童書が原作ということで筋回しはすっきりしていますの八つ目
こちらも先月関連するタペストリーをチェックした
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のタペストリー。
画像

続いてあちこちにあったけど「カフェ35mm」に置いてあったものが
いちばん撮影しやすかったので、係員の隙を見て9つ目
天野喜孝の画集「N.Y.SALAD」のアニメ化および映画化
「やさいのようせい/N.Y.SALAD
The Movie ~デジタル3Dシネマ」
のタペストリー。
画像

天野喜孝というとゲーム好きとしては「ファイナルファンタジー」が先に立ちますが
そういえば天野喜孝のアートワークを紹介する番組でこんな図柄を見たような
気がします。
ちなみに内容はNHKで放送された5分の短篇3本をデジタルリマスター
したものと、20分のオリジナル1本が組み合わされた形となっており、
やさいのようせい達の日々の暮らしや冒険が「一期一会」をテーマに描かれ……
え、合計35分?

幼稚園以下のお子様をお連れした奥さま向けなんだろうと思いますが、実際は
何も知らぬまま時間をつぶし
「ゴールデンスランバー」上映10分ほど前に劇場用通路に入って十番目
人種隔離政策「アパルトヘイト」をラグビーによって変えた実話を描く
「インビクタス/負けざる者たち」の大型ポップ。
画像

「私が我が運命の支配者、我が魂の指揮者」とネルソン・マンデラが投獄中に
心の支えとした詩集の一節を引き合いに出し、諦めなければ我々の手で世界を
変えられると謳い上げる、混迷の時代に向けた感動作
となっています。

正直なところ、やり過ぎは自己陶酔に陥るだけと思いますがほっといて十一番目
ロサンゼルスでバレンタインを完璧なものにしようとする老若男女15人を描く
「バレンタインデー」の大型ポップ。
画像

10歳の少年から50代の熟年夫婦まで、様々な人々の思いが並列進行しますが
メディアで見かけるたび5分で忘れるほどバレンタインデーが人生に折り込まれて
いない当方には、共感出来る部分が少なすぎます

が、場合によってはこちらの方が共感出来ないという人が多そうな十二番目
天上天下唯我独尊を絵に書いたような女子高生が消失するらしい
「涼宮ハルヒの消失」のポップ多数。
画像

え~と、確か左から「引っ込み思案な未来人」「超能力者でエージェント」
「気分次第で無意識に世界を書き換える謎の人」「謎の人に選ばれた一般人」
「大いなる存在に送り込まれたロボット」となっているはずであります

画像

京アニのサイトにもあるカットが使われたものもありましたが、内容に関しては
ハルヒがいなくなって、代わりに
長門に消滅させられたはずの朝倉が出た!

以外、ほとんど出ていない模様。
というよりアクセス過多なのか京アニのサイトが重くて重くて

どうせ知らない奴はついていけないんだからもう良い! と十三番目
宣伝費用が潤沢なのか、やたらと見かける
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のポスター集合体ポップ?
画像

そしてそのすぐ側に本日の大トリである十四番目
なんか増殖速度が仮面ライダーを上回ってる気がする
「映画 プリキュアオールスターズDX2
希望の光★レインボージュエルを守れ!」
の大型ポップ。
画像

前作
「映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」
にて集結したプリキュアたちが海の上に浮かぶ遊園地「フェアリーパーク」の宝
「レインボージュエル」を守るために再集結!
新規加入の「キュアブロッサム」「キュアマリン」を交えて大活躍!!

とあります

もはや早口言葉になっているこの長いタイトルを、幼稚園以下の方々は空で
言えるのか? 気になるが今回もなんとか終了。

「ゴールデンスランバー」視聴後は、エスカレーターの運転が止められるほど
遅くなったし、さっさと帰るベ~とエレベーター待ちをしている最中、ふと後ろを
振り向けばなんと十五番目
「コララインとボタンの魔女3D」の変則ポップが多数!アアア
画像

あったので、エレベーターの1本や2本は良いだろうと時間を取って撮影。
そして終了後は、予想に反してザックリ降っていた雪の中を、足元気にしつつ
帰ってゆくことになるのでありましたハア



この項終了。

「みなとみらいは約1cmの積雪で荷物が重すぐる~」の巻に戻る。




参考・関連記事

◇ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい  -goo 映画

◇ゴールデンスランバー  -goo 映画

◇恋するベーカリー  -goo 映画

◇映画ドラえもん のび太の人魚大海戦  -goo 映画

◇交渉人 THE MOVIE  -goo 映画

◇NINE  -goo 映画

◇ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ  -goo 映画

◇アリス・イン・ワンダーランド  -goo 映画

◇コララインとボタンの魔女3D  -goo 映画



◇パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々  -goo 映画

◇やさいのようせい/N.Y.SALAD The Movie ~デジタル3Dシネマ  -goo 映画

◇インビクタス/負けざる者たち  -goo 映画

◇バレンタインデー  -goo 映画

◇涼宮ハルヒの消失  -goo 映画

◇映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光★レインボージュエルを守れ!
  -goo 映画



◇2月1日の出来事その①
  「みなとみらいは約1cmの積雪で荷物が重すぐる~」の巻


◇政治的陰謀を持ちこむには全般的に軽量すぎた……な
  「ゴールデンスランバー」視聴


◇1月3日の出来事その②
  「今月の映画館看板・次のジブリはアリエッティか……」の巻

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック