心配性の人に優しくないWindows XP SP3リリース! 「RMS」ってナンっすかあ!?

Microsoftが米国時間の5月6日、同社の提供しているソフトウェア製品
との非互換性問題を理由に停止していた、XP SP3とVista SP1の
提供を再開したという記事が各サイトに掲載された。

◇Windows XP SP3のダウンロード配布がスタート  -MSN

◇Windows XP SP3正式版の一般向けダウンロードはじまる
  -マイコミジャーナル


◇XP SP3インストールでIE 7が削除不可能に、MSが注意
  -ITmedia +D PC USER


◇Windows XP SP3のダウンロード配布がスタート  -ITmedia +D PC USER

◇Microsoft、Windows XP SP3をWindows Updateで配布開始  -PC Watch

◇Windows XP SP3への移行、ご注意を  -ASCII.jp

◇マイクロソフトがWindows XP SP3を提供開始、Windows Updateで
  ダウンロード可能に  -GIGAZINE


◇マイクロソフト、「XP SP3」の提供を再開--「Vista SP1」の自動配布も
  -CNET Japan


◇Windows XP SP3正式版がついに公開、Windows Updateから入手可能
  -日経パソコンオンライン


上田新聞でも数回この件に関する記事が掲載され、製造工程向けリリースの段階で
不穏なコメントが多数掲載されていましたが、今回の正式リリースでも
いくつかの問題に注意しなければならないようです。

◇Windows XP SP3 ダウンロード開始  -上田新聞 blog版

◇Windows XP SP3がリリース延期に  -上田新聞 blog版

◇Windows XP SP3は4月29日からアップグレード可能  -上田新聞 blog版

一つ目はWebブラウザの問題で、IE 7とIE 8β1のユーザーはそれらを
アンストールしてからSP3を適用しないと、IE 7・IE 8β1は共に
アンストール出来なくなるというもの。
たとえコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を開いても、IE 7の
「削除」オプションはグレー表示になり、選択できなくなるそうです。

ちなみにこの問題は、IE 6のままのシステムでは発生せず、SP2上に
IE 8β1をインストールしている場合、SP3はWindows Updateで
提供されなくなります。

また、これらをインストールした状態でSP3を適用した場合、SP3を
アンストールしてSP2に戻し、それからIE 7またはIE 8β1を削除して、
IE 6に戻した後にSP3を再度適用すれば、IE 7・IE 8β1を
インストールしても、通常の手順でIE 7・IE 8β1を削除できるそうです。

なおこの問題は、SP3適用後にIE 7を削除するとIE 6以外がSP3で
アップグレードされた状態になり、セキュリティ上望ましくないため「わざと」
IE 7をアンインストールできないようにしたとのことです。


二つ目は「Dynamics RMS」を使用している場合、将来リリースが
予定されている修正プログラムを適用してからSP3をインストールしないと、
データ損失や通信障害、機能の損失などが発生するというもの。
ところで「Dynamics RMS」ってナニ?
導入した記憶がなければ気にしなくてもいいのだろうが、一応調べてみると
「中小企業向け小売店チェーン管理プログラム」だった、一般人に関係なし。


三つ目は「Windows XP SP2 Multilingual User Interface (MUI) Pack」とかいう
長ったらしい名前のものが適用されていると、英語版のWindows XP SP3
を実行するコンピュータで、選択した言語ではなく英語でUIが表示される場合が
あるというもの、ハイ?
これも一応調べてみると、世界経済に対応するためシステムを多言語対応させると
いうものだった、就労能力に疑問符のついた生物には縁のない代物です。


四つ目は「リモート デスクトップ クライアント 6.1 (KB 937468) 」の
プレリリースバージョンをインストールしていると、SP3インストール後に
"For testing purposes only.Build 2600.xp_sp2_gdr…"
というテキストが継続的に表示され、プログラムの追加と削除を使用してKB937468
をアンインストールできなくなるというもの、いい加減詳しい注釈つけてくれない
かなァ・・・・・・。
この問題を回避するには、SP3をインストールする前にKB937468をアンストール
すればよいという、でもうちのシステムに入っていなかったので無視。

なお、この問題が既に発生している場合は、テキストメッセージ表示の原因である
テスト証明書を、以下の手順で削除すれば良いそうです。

1.[スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、
「certmgr.msc」と入力して、Enter キーを押します。

2.表示された一覧から、[信頼されたルート証明機関] フォルダを探して
展開します。

3.[信頼されたルート証明機関] フォルダで、[証明書] フォルダを探して
展開します。

4.右側のウィンドウ領域で、「Microsoft Test Root Authority」の名前の
エントリをすべて検索して削除します。

5.コンピュータを再起動します。


面倒くさ・・・・・・。


五つ目は、地域と言語のオプションを、Service Packインストール時と異なる設定に
変更すると、Visual Basic Scripting Edition (VBScript) (DateValue() 関数など)
および Jscript (toLocaleString メソッドなど) の特定の地域固有の機能が、
正常に動作しなくなるという・・・・・・私には何言ってるのかわかりません。
なんか日付・通貨・数値、および時間のデータが間違った形式で出力されますとか
書いてあるが、要はhttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=116903を参照しろ
と言いたいらしい。
というわけで見てみると、VBScriptまたはJScriptスクリプトの
問題ということで、OS本体とはあまり関係なさそう・・・・・・というわけで、
聞かなかったことにする。


六つ目は、SP1 が適用された「Windows XP Media Center Edition 2002」を
実行しているコンピュータにSP3をインストールすると、メディアセンターが
誤動作するらしい・・・・・・当方、触ったことすらありません。
問題回避には、SP3の前にSP2をインストールするべし。
既に問題が発生している場合は、SP3のアンストールの後SP2→SP3の順番に
インストールし直なおせば0Kとのこと。

(以上「Windows XP Service Pack 3 のリリースノート」から抜粋)


しかし毎回毎回問題が良く起こるものである。
ゲイツのオッサンもWindows Media Centerの地デジ対応とか、ナチュラル
インタフェースとか言っていないで、少しぐらい注釈を増やしてくれればいいのに、
いちいち調べるの大変だったじゃんか・・・・・・。
金額あたりの開発能力やサポートでは、アップルに後れを取っているような感じが
するし、Vista SP1も同時期に問題を起こして配信が停止していたから、
お弁当に入ったヤツ売ってた人たち慌てたんじゃないのか?

まあともかく、私もキリのいいところでバックアップを取った後、SP3を適用
してみようと思う・・・・・・以上!



参考・関連記事

◇Microsoft、Windows XP向けメイリオフォントを公開  -PC Watch

◇マイクロソフト、いまだ厳しいVista普及率の問題と格闘中  -CNET Japan

◇マイクロソフトとアップル、新製品のためにお金をたくさん使っているのは
  どっち?  -GIGAZINE


◇「アップルの技術サポートは優秀」--米消費者団体が報告  -CNET Japan

◇マイクロソフト、Windows XP SP3の開発を完了  -日経パソコンオンライン


◇Vista UltimateのGW限定パッケージ「ツクモ弁当」が登場  -PC Watch

◇行楽のお供に!? ツクモがWindows Vista入りの"お弁当"を発売
  -マイコミジャーナル


◇大阪・日本橋でVista SP1とパーツバンドル版Officeのイベントが開催
  -PC Watch



◇米MS、ゲイツ会長が現役最後の来日会見 - Vistaでの地デジ対応を正式発表
  -マイコミジャーナル


◇Microsoft会長ビル・ゲイツ氏、来日記者会見
  ~今後の10年はキーボードに代わるインターフェイスが登場する時代
  -PC Watch


◇ゲイツ氏来日――ヤフー、イラネ  -ASCII.jp

◇ゲイツ会長が退陣前最後の来日、「今後10年もソフトの“マジック”に賭ける」
  -日経パソコンオンライン


◇ヤフーへの未練は? Windows 7のリリース時期は?--来日中のゲイツ会長
  語る  -CNET Japan




◇Microsoft、Windows XP SP3配布を延期  -PC Watch

◇マイクロソフト、「XP SP3」の提供を延期--未対応の問題発見で
  -CNET Japan


◇マイクロソフト、「Vista SP1」の自動配布を停止--「XP SP3」に続いて
  -CNET Japan


◇マイクロソフト、Windows XP SP3の公開を延期  -GIGAZINE



◇SP3でWindows XPは何が変わる?  -ASCII.jp

◇Windows Vista SP1が、5月9日より自動配信でも配布開始  -PC Watch

◇MS、Vista SP1の自動配布を5月より開始  -ITmedia +D PC USER

◇マイクロソフト、Windows Vista SP1の自動アップデートを開始
  -CNET Japan





◇マイクロソフト、Windows XP SP3を正式発表  -GIGAZINE

◇Windows XP SP3が出荷開始  -ITmedia +D PC USER

◇Windows XP SP3がRTMに - 一般向けリリースは4月29日
  -マイコミジャーナル


◇「Windows XP SP3」がRTMリリース、アップグレードは短時間で簡単に  -CNET Japan

◇XP SP3による性能向上は期待薄Windows XP SP3のリリース候補版を検証
  -日経パソコンオンライン


◇Microsoft、Windows XP SP3を4月29日にリリースへ  -PC Watch




◇「Windows XP SP3」提供開始は4月下旬までに--流出スケジュールから
  明らかに  -CNET Japan


◇Windows XP SP3は今月末に登場か  -GIGAZINE

◇XP SP3による性能向上は期待薄Windows XP SP3のリリース候補版を検証
  -日経パソコンオンライン


◇Microsoft、Windows XP SP3を4月29日にリリースへ  -PC Watch


◇新OS「Windows 7」は2010年登場!! ・・・・・・で、Vistaはどうする?

◇SP1適用済Vistaの予約開始! だが不具合は製作者にも
  手に負えないという噂が・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年05月06日 03:18
Nice post. I was checking continuously this blog and I'm inspired!
Extremely useful information specifically the last part :)
I maintain such info much. I was looking for this certain information for a
long time. Thank you and good luck.

この記事へのトラックバック